ペーパー産業カウンセラー@うるちんの雑感

産業カウンセラー(資格だけ)の隠れ部屋です。メンタルケアやストレスマネージメントについて(時々全く関係ないことも)、まったり書いてます。お気軽にどぞー(=´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『受容』と『共感』と『自己一致』(=´・ω・`)

カウンセラーの講座などを受けると、先ず叩き込まれるカウンセラーとしての態度。
それが受容』と『共感』と『自己一致です。
カール・ロジャースというカウンセリングの大先生は、相手を一人の人間と尊重するには、
この三つの態度が必要だと言ってます。

受容』『共感』『自己一致』に始まり、『受容』『共感』『自己一致』に終わると言う人もいます。
卵料理です


今日は受容について書いてみたいと思います。
自分なりの(=´・ω・`)y─┛~~

一言で言ってしまうなら、「相手をそのまま受け入れる」って事です。
自分の価値観とか経験とか、そんなもの関係無しに。

何でもアリ。
ノールール。
時はまさに世紀末状態。

それを、「はあ、なるほど。そういう考えてるのか」と受け止める。


外国に行けば、その国の価値観やルール、習慣ってのが有りますね。
舌を出して挨拶する国が有るかもしれない。
鼻をピクピクさせて( ̄ー ̄)ニヤリと笑うのが敬う態度なのかもしれない(ないと思うけど)
それを、日本の価値観で「失礼だ!」と怒っても仕方ないわけで。
「ああ、この国はこういう挨拶なのか」とそのまま受け止めればいいだけです。


赤い花に 「お前何で赤なんだよ!」とか
ライオンに 「可愛い子鹿を食べちゃうとか、それってどうなのよ?」とか、
そんな事言ったって仕方ないんですねぇ。


悩んでる人は、何かコンプレックスを持っていたりします。
それを「小さいことで悩むなよ」「それは甘すぎる」なんていちいち批判するような人に、
誰が悩みを打ち明けたいか?って話なわけですよ。


思い切って打ち明けても、自分をそのまま受け入れてくれる。
誰だってそんな人に話を聴いてもらいたい。
だから、受容』が必要なんです。


これが僕が思う受容』です。
次回は『共感』について書いてみたいと思います。

(=´・ω・`)y─┛~~

ジャンル : 心と身体
テーマ : メンタルヘルス・心理学

タグ : カウンセリング 受容 共感 自己一致

[ 2010/11/18 20:27 ] カウンセリング関連 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。